外国人との接触

はい、こんばんは。葛藤のある日々を送っている海外営業マンです。

本日はタイトルの通り外国人との接触で思うことを書きたいと思います。

 

私は某企業の海外営業部で働いているので、お客様とのメール、電話は英語です。

つまり仕事で使用する言語は英語です。

英語ですとニュアンスお微妙な意味合いなど、判断がつきづらいケースが多々ありますが

それでもレスポンスのしかた、メールの作成の仕方など、日本とはかなりの差がありますね。

例えば、日本でメールを作成する際、要件がシンプルなものでも、

だれだれ様、いつも大変お世話になっております。

掲題の件、お忙しいこととは存じますが、

進捗のほどいかがでしょうか?

納期が迫っておりますため、ご確認いただき、ご連絡の程

ご連絡よろしくお願いいたします。

 

など、これだけでタイピングが上達しそうですね。

まことに煩わしいです。

海外とのメールのやり取りは非常にスピーディーで、

How is the matter going?

 

Kind Regards,

 

だけで終わります。非常に簡単ですね。

メールに関して言えば海外とのやりとりが非常に楽で、

海外経験が長い上司は、いつも大変お世話になっていますとかいちいち打たなくていいよ。

と言ってくれますが、ほかに人に対してはそうはいかないですよね。

 

仕事においてスピードは非常に重要ですよね。

スピードが全てではないですが、

仕事ができる人は往々に仕事が早いですよね

仕事が遅いけどあの人仕事できるよねなんて人は見たことないです。

 

しかしながら愛国者の私、海外万歳というよりむしろ逆で

日本人でよかった思うことが多々あります。

 

お客様の観光案内

仕事柄、お客さんが海外から来た時、日本の観光をアテンドすることが多々あります。

その際に思うのは、日本人の気の使える能力の高さたるや。

日本寺が自然に身に付ける空気を読む力、気を使う能力は世界一です。

時間を取らせて申し訳ないな、こんなこと言ったら失礼かななど

相手の気持ちを慮るのが普通であり必須のことです。

しかし、一歩国境をまたいだところから来る方々、

自分はこうしたいからやってくれ、できるだろう?

というスタンスです。これは色々なシーンで重要な要素だと思いますが

友達にはなりたくありません。

日本に生まれてよかった。

 

しかしビジネスシーンでは損をします。

気を使うばかりで相手の要求を全て飲むとこちらが潰れてしまします。

考え方が違うことを理解した上でこんなこと言っていいのかななんて思わず、

主張するべきところはしっかり伝えることが大事だと最近思います。

 

そんなわたし、明日もお客さんのアテンドです。

おそらくあれが食いたい、京都に行って寺を見た後ら富士山も見たいとか訳の分からんこと言ってくるかわいい奴らですが、一緒に楽しもうと思います。

 

なにが言いたいかというと、人類皆家族ということです。

楽しんでくれるといいな。