マレーシア旅行(備忘録)

# マレーシア

何をしたか箇条書き(備忘録)

彼女と三泊四日のマレーシア旅行。
金曜日の新入生歓迎会の飲み会後すぐに品川駅ロッカーに預けていたスーツケースをとり、羽田空港へ。

1日目。早朝クアラルンプールに着き、ホテルへ荷物を預けに。(イミグランとに1時間半くらいかかった)

荷物を預けた後、チャイナマーケット、ブギビンタンへ。
深夜便だったこともありお互いとても疲れていた。

2日目。ブルーモスク、昼食、バドゥ洞窟へ。

彼女の体調が悪く、それに対する自分の態度も悪く、大げんかとなる。
HAKKAという寄せ鍋を食べに行き、とても美味しかったが、喧嘩のため悪い意味で思い出の地に。
前々から予定していた旅行中になぜ体調が悪いのか、どうしようもないことであるが残念な気持ちをそのままに出しすぎて、彼女の体調を思いやる言葉より、かわいそうやな…等、運の悪さを嘆くような言葉をかけてしまったことに非がある。

3日目。昨夜に予約した飛行機でランカウイ島へ。
11:00頃空港に到着し、そのままタクシーでビーチへ。
その後昼を済ませてマングローブへ。
最高の一日。

(備忘録)

自分との対話

# 自分との対話

 

自分との対話

人と過ごすこと、誰かと楽しいことをしていることが正義となっている。友達が多い、プライベートが充実していることをアピールすることで快感を得ることが当たり前になっている。自分と対話して人生、生き方を見つめなおし、なりたい自分を定義し、それに従うことで理想へと近づいて行く。その過程で人としての深みが出るのである。

そのことを蔑ろにして、うわべだけのコミュニケーションを続けていると、本当の友人、本当の自分すら見失ってしまう。

 

ペンとノートを持つ。

そうならないよう、1日1時間、自分のために時間を上げよう。ペンとノートを持ち、思考を前進させる。考える内容はなんでもいい。自分の中のテーマなんていくらでもある。一つ一つ自分の中で咀嚼し、結論を出して行くのだ。

このことによって自分の価値観が培われる。本を読む、人と話すことによって新たな価値観にふれ、見たことない空気に触れることができるが、それらを自分の考えに照らし合わせる作業が自分との対話である。深く考える必要はない。習慣づけることが大事なのである。

 

時間を作ることの難しさ

 しかしながら私も自分との対話の時間を創り出すのに苦労がある。何が弊害であるのか。二点あると考える。

 

  • 時間の使い方の価値観

     社会人になると時間的制約が大きくなる。友人と休みが合うことや、予定がない日が重なる時は飲みに行きたくなるし、家で一人で自分と会話することよりおそらく楽しい。その欲に勝てるかどうかにある。

 

  • 無意識な恐れ

       自分の中で結論を出すということは、方向性を定義することと同義である。現在自分が置かれている状況と自分の結論にギャップがあると、わかっているのに動き出さない状態となり、モヤモヤ期に入ってしまう。これを無意識に恐れ、考えることを放棄してしまうのである。そのギャップこそがつぎへの原動力となるのに。例えば、将来の夢というテーマに職人になりたいという定義を結論したとする。現実派サラリーマンという場合、モヤモヤしてしまう。もちろん、お金の問題、世間体、親の反対など、壁が大きく踏み出せない。しかし、やりたいことができないのが一番不幸せではないか?

外国人との接触

はい、こんばんは。葛藤のある日々を送っている海外営業マンです。

本日はタイトルの通り外国人との接触で思うことを書きたいと思います。

 

私は某企業の海外営業部で働いているので、お客様とのメール、電話は英語です。

つまり仕事で使用する言語は英語です。

英語ですとニュアンスお微妙な意味合いなど、判断がつきづらいケースが多々ありますが

それでもレスポンスのしかた、メールの作成の仕方など、日本とはかなりの差がありますね。

例えば、日本でメールを作成する際、要件がシンプルなものでも、

だれだれ様、いつも大変お世話になっております。

掲題の件、お忙しいこととは存じますが、

進捗のほどいかがでしょうか?

納期が迫っておりますため、ご確認いただき、ご連絡の程

ご連絡よろしくお願いいたします。

 

など、これだけでタイピングが上達しそうですね。

まことに煩わしいです。

海外とのメールのやり取りは非常にスピーディーで、

How is the matter going?

 

Kind Regards,

 

だけで終わります。非常に簡単ですね。

メールに関して言えば海外とのやりとりが非常に楽で、

海外経験が長い上司は、いつも大変お世話になっていますとかいちいち打たなくていいよ。

と言ってくれますが、ほかに人に対してはそうはいかないですよね。

 

仕事においてスピードは非常に重要ですよね。

スピードが全てではないですが、

仕事ができる人は往々に仕事が早いですよね

仕事が遅いけどあの人仕事できるよねなんて人は見たことないです。

 

しかしながら愛国者の私、海外万歳というよりむしろ逆で

日本人でよかった思うことが多々あります。

 

お客様の観光案内

仕事柄、お客さんが海外から来た時、日本の観光をアテンドすることが多々あります。

その際に思うのは、日本人の気の使える能力の高さたるや。

日本寺が自然に身に付ける空気を読む力、気を使う能力は世界一です。

時間を取らせて申し訳ないな、こんなこと言ったら失礼かななど

相手の気持ちを慮るのが普通であり必須のことです。

しかし、一歩国境をまたいだところから来る方々、

自分はこうしたいからやってくれ、できるだろう?

というスタンスです。これは色々なシーンで重要な要素だと思いますが

友達にはなりたくありません。

日本に生まれてよかった。

 

しかしビジネスシーンでは損をします。

気を使うばかりで相手の要求を全て飲むとこちらが潰れてしまします。

考え方が違うことを理解した上でこんなこと言っていいのかななんて思わず、

主張するべきところはしっかり伝えることが大事だと最近思います。

 

そんなわたし、明日もお客さんのアテンドです。

おそらくあれが食いたい、京都に行って寺を見た後ら富士山も見たいとか訳の分からんこと言ってくるかわいい奴らですが、一緒に楽しもうと思います。

 

なにが言いたいかというと、人類皆家族ということです。

楽しんでくれるといいな。

 

 

 

価値のある人間とは

価値のある人間になりたいです。

では価値のある人間とはどういう言う人のことを言うのでしょうか?

 

価値のある人間とは

 

それは、その人の話が聞いてみたいかどうかにあると思います。

利き手にも興味のベクトルがあるので、

全世界の人にとって価値のある人間はいないと思いますが。

高校球児ならプロ野球選手の話が聞きたいでしょうし、

起業を目指しているひとは経営者の話が聞きたいと思います。

人によって価値のある人間は変わると思います。

 

しかしながら一方で人格の面ではどうでしょうか。

この人にあこがれるな。というひとは単にその道のスペシャリストだからではなく、

自分の目標達成のため、ひたむきに頑張る姿勢に皆心打たれます。

つまり、いかに人が見ていないところで自分を律することが出来るか

にかかっているとは思いませんか?

 

新年度始まり、私の目標は。

・等身大でいること。

・人が見ていない部分で全力を尽くすこと。

 

この二点を意識することで、価値のある人間に近づけると思います。

上記2点は言い換えれば、等身大でいるために、人が見ていないところで頑張る。

ということになります。

 

なぜ等身大でいることが出来ないのか?

三重、虚栄をあるということは、自分を本来より大きく見せることです。

大きく見せる必要があるんです。=自信がない

では、普段から自分に納得できていれば虚栄や三重を張らなくていいのではないでしょうか。つまり誰も見ていないところで頑張ることで、自分自身に納得することができると思うんです。

 

 

 

記事を書くということ

 ブログを始めてみました。

発信するということは、自分の経験を追体験するということと同義で、

頭の整理や新しい発見があると思いブログ開設に至ります。

 

悶々とする海外営業マン 

現在とある大手メーカーにて海外営業として働いています。

これは、幼少期からの夢で、世界を股にかける人材として働きたい、

英語を使ってバリバリ働きたいと思い描いた結果この道に辿り着きました。

しかしながら、手にしたはずの夢、モチベーションが上がらず、

悶々としています。なぜかを考えてみると、

敷かれたレール上の頑張りでしかないかもしれないと感じ始めたから。

部活に明け暮れ、必死で勉強、大学へ入り、夢を叶える為イギリスの大学へ留学。

全ては今の仕事を現実のものにする為。

しかしながらいざ働いてみると、相手が海外というだけで、

日本的の企業に勤めている普通のサラリーマン。

世界を股にかけるというほど出張にもいきません。

 

求めるもの

 

では、自分が求めているものは何か?

それは、「自分にしかできない仕事をする」ことです。

その答えが今の仕事にあるのか、はたまた別の道があるのか、

通勤中の電車やお風呂に入っている時ふと考えてしまいます。

何ヶ月も続くので、こうして文字に起こし、記録していくことで、

思考が前進させていきたい。自分なりの答えに行き着きたいと思っています。

 

これからの記事

上記の目的を踏まえ、なぜ悶々とするのか?

やりたいことは?

そのために今していることは?

など、将来への計画の明確化を中心にブログを展開していきたいと思っています。

 

並行して、私なりの価値観、生き方を記事に起こし、

頭の整理、共有などできたらと思っています。

 

このブログは赤ちゃんみたいなもので、

認知度も皆無ではございますが、

コメントなどの交流を通じて、色んな価値観に触れていきたいという

密かな願いがあります。

 

見やすい記事にするにはどうすればいいのだろう・・・。

ブログについての勉強も始めていきます!

 

埼京線の遅延で帰れなくなり、ため息をつきながら

友人の家に泊めてもらいこの記事を書いています。

(PCをお借りして)

 

そろそろ瞼が限界なので寝ようと思います。

 

グッドナイト